2008年5月27日火曜日

なやみはたくさん

 ほんのちょっとした事で、道は大きく変わってしまう。
 そんな事を考えたのは、地球温暖化の事が原因だ。
 僕は最近、温暖化問題が気になって気になって仕方が無い。
 ある人は言った。
「最近環境問題とか気にしている人が多いけれど、そんな事言ってる前に自分の生活がどうにかならないと結局何も出来ないんじゃないの? 温暖化考える前に自分の事考えろよ」
 確かにそうだろう。一理ある。全くその通り。
 と、一瞬納得するのだが、どうしてもその話には落とし穴があるような気がしてならないのだ。
 そうやって一人一人が自分の生活を考えて優先して来た結果、の地球温暖化ではないのか?

「じゃあ、どうすりゃいいんだ?」
 僕の脳内で架空の人物が問いかけてくる。
「実際、僕にも分からないのよ」
「じゃあ、その人の言う通りだな。なんだかんだ言う前に、自分の考えをまとめろよ」
「いやいや、まあね。そうだけどさ、そうなんだけどぉ、やっぱそれって違くない?」
「ちがうって?」
「いや、なーんか納得できないっていうかさぁ……こう……もっと……んーまあ、良くわかんないんだけど、なんか違うぞ! って気がするんだよ」
「じゃあ、どうすりゃいいんだ?」
「それがねえ、まだわからないわけよ」
「それじゃ話が戻っちゃうだろう。とりあえず働けよ」
「んー、そうだよねえ。っていうか働いてますけどねえ。別に怠けてる訳じゃないしねえ。ちゃんと社会人やってますのよ」
「ちゃんとねえ……」
「まあ、バイトですけどねぇ」
 そこで架空の人物は姿を消した。彼は非常に気まぐれなのだ。会話の途中でもいきなり居なくなったりする。

「なにぼーっっとしてるの?」
 横からハナが話しかけて来た。そうだ、僕らはデートの帰り道で電車に乗っているのだった。
 僕は車内の吊り広告にデカデカと書かれた『知られざるリサイクルの実態!』という文字をいつしかぼんやりと眺めていた。
「温暖化問題って、考えた事ある?」
 僕はハナに聞いた。
「あるよ」
「どう思う?」
「うん。やばいよね。実際」
「何がヤバいと思う? 俺はどうすれば良いと思う?」
「えー? そんなに急に言われても」
「いくら考えても分からないんだよ」
 ハナは僕の顔を見て、右手の人差し指の爪の先で下唇とあごの間を少し掻いた。何かを考えている時の彼女の癖だ。そしてあごから手を離し、辺りにきょろきょろと視線を飛ばし、何かを探し始めた。
「何?」
 と僕が聞くと
「えとね、さっきあったのよ、確か。ああ、あれだ」
 と言って車両の端っこにぱたぱたと小走りで移動したかと思うと、その辺りの床に転がっていた空き缶を拾い上げた。
「それを探してたの?」
「そう。これを、駅に着いたらゴミ箱に捨てよう」
「ふむ」
「とりあえずこんなんから始めてみたら? 出来る事からやれば良いのよ」


 毎日飯を食う為に働いている。
 そして時々、これで良いのかと疑問を持つ。
 望んだ職場ではないし、やりたい事は他にもあったりするから、体の中に常に中途半端な何かを抱えている。
 何かが変われば良い。
 そう思って、僕は今日、電車の中で床を転がっていた空き缶を処分した。


にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

2 件のコメント:

独マサ さんのコメント...

素直な心情の吐露。
最後はささやかな希望で締め。

ええんじゃないでしょうか。
だいぶ せつない気持ちになりましたが、流れている空気は悪くないと思いました。

あいかわらず、良い文章書くと、個人的には思ってます。(もうチョット他の人も反応あってよさそうなんですけどねぇ(えらそうですみませんが))
 象の話も良かったです。

cokoly さんのコメント...

マサさん、コメントありがとうございます。
もっといいテンポで書いていきたいんですけどね。
ほめてもらえた分だけまたがんばります!